エアコンクリーニング

エアコンメンテナンス

ワンダフルクリーンなら…

  • メーカー問わず対応可能!
  • 年式問わず対応可能!
  • リーズナブルな料金で対応可能!

今お使いのエアコンの内部がどうなっているか、
ご覧になった事がございますか?

フィルターや外装パネルを掃除していて一見綺麗に見えるエアコンの内部の メンテナンスを怠るとタバコによる「ヤニ」「カビ」等による汚れがどんどん 蓄積し、悪臭や細菌もばら撒き、それだけでなく故障の原因にもなります。

熱交換機の目詰まり,ドレン板の汚れ
○過負荷運転によるコンプレッサーの焼き付き

運転不能

○風量減少による冷媒ガスの低温運転

熱交換器の凍結により運転不能

※上記の例はほんの一例に過ぎません。汚れによる不具合は他にも数多く存在します。

エアコンの延命

定期的なメンテナンスで偶発事故を最小限に抑えることが出来ます。
磨耗品もメンテナンスを行わない年数が開けば開くほど倍々方式で寿命が短くなります。
汚れれば汚れるほどパーツが機能する際の負荷が上がります。
かつ電気代もメンテナンスのない状態で4年目には電気代は約200%にまでなります。

洗浄直後のエアコンの中

洗浄から1年後の中身

エアコン分解クリーニング

(1)表面外す(化粧パネル)

(2)基盤配線処理

(3)ドレン板を外す

(4)送風ファンの取り外し

(5)ドレンポンプ(排水)の取り外し

(6)ファンモーター取り外し

(1)本体の熱交換器を高圧薬品洗浄

(2)各種パーツを薬品洗浄

(3)室外機の熱交換器を高圧薬品洗浄

クリーニングの効果
  • 機械寿命の延命
  • 効率運転の維持により経費削減
  • 悪臭・カビの除去
  • 水漏れ防止

全て洗浄を行い、綺麗になったパーツたちを組み上げていき分解薬品洗浄完了になります。

豆知識

エアコンの室外機の必要性について認識がとても低いですが、室内機が冷たくなると室外機は逆に熱くなります。今度室内機が熱くなると室外機は冷たくなります。天気予報などでもある、高気圧と低気圧を交代で行っているんです。ハンカチなどを口に当てても確認できます。息を吹くと布は熱くなり、すうと布は冷たくなります。是非試してみてください。

定期メンテナンス

エアコンの内部にはエアコン内部の汚れを軽減するために「エアフィルター」と「集塵機」というものがセットになっている場合がほとんどです。
この「エアフィルター」と「集塵機」は適正周期でメンテナンスが必要です。

エアフィルター

設置状況、室内の使用用途によって異なりますが。おおよそ3週間から4週間の周期で洗浄・交換等のメンテナンスがひつようになります。

集塵機

集塵機の内部には集塵電極(エレメント)のような箱型の室内の空気をキレイにするための電極が付属しています。
設置状況、室内の使用用途によって異なりますが、おおよそ2週間から4週間の周期で洗浄・交換等のメンテナンスが必要になります。
※集塵機は4週間を超えるとその機能をほとんど果たしません。

【各種点検・保守】

店舗の命であるエアコンの故障を未然に防ぐため、エアコン点検時に劣化部品の交換を行います。
※随時修理見積もりを提出いたします。修理料金を含んだセット料金もございますので、ご相談ください。

【出張点検】

お客様のエアコンのトラブル発生に合わせて、出張点検・修理も承っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

pagetop

Contact

ご依頼、資料請求、採用などのお問い合わせは電話・FAXまたはメールフォームにてご連絡ください。

TEL 042-326-4301
FAX 042-326-6733

contact
american_express twitter
©株式会社ワンダフルクリーン